酵素とダイエットの関係について その2

酵素を使ってダイエットを成功させるにはどのような方法があるのでしょうか。

酵素をうまく取り入れたダイエット方法についてご紹介していきましょう。

自分に合った方法を選んで効率的に痩せていけるといいでしょう。

酵素ファスティングダイエット

酵素を使ってファスティングを行うダイエットです。
酵素のサプリメントなどを飲んでその日は断食するという方法です。
断食は一時的には体重は減りますが、長期間続けるものではないので、できるのであれば、食べすぎた日の次の日などに体重を元に戻したいときなどに行うといいでしょう。
短期間でやせることができますので、短期間集中で行うことがいいでしょう。
平日にスタートするのもいいのですが、慣れていない場合には空腹感がつらいかもしれませんので、心配な場合には、体調管理がしやすい週末や連休中などのまとまった休みを利用してください。
断食を行う場合には水分補給をしっかりと行いましょう。一日1~2Lの水を飲むように心がけてください。
ファスティングは胃腸を休めることができる方法ですので、無理のない範囲で行っていきましょう。
必要な酵素や栄養素は酵素サプリメントや酵素ドリンクから取り入れることができます。
ファスティングを行っている間は急激な運動などは避けましょう。
一日おとなしくいられるような時に行った方が、体への負担は少ないです。

【ファスティング前日】

前の日にたくさん食べてしまうと、お腹に食べ物が残っている状態になると空腹感が強くなる可能性がありますので、食べすぎには注意した方がいいでしょう。
お酒も控えることをお勧めします。
胃に何もない状態が続きますので、できればタバコなども吸わないようにして、胃への負担を減らしましょう。
万全の体調で始めるために、睡眠などはたっぷりととっておきましょう。

【一日目】

ファスティング生活をスタートさせるのには朝が理想です。
朝起きて酵素ドリンクを飲んだり、酵素サプリメントを飲んだりしてください。
飲む時間に決まりはないので、自分のペースで飲みましょう。
あまり、朝早く飲みすぎると、お昼までにお腹がすいてしまいますので、お腹がすきすぎるのを心配な場合には、昼食の3~5時間前くらいに飲むと空腹感にも耐えられるでしょう。
ドリンクの場合には、そのまま飲むのもいいですが、初めての場合には水や炭酸で飲んだ方がいいでしょう。
満足感も得られますし、炭酸と一緒に飲むとお腹も膨れます。
昼・夜も同じように酵素ドリンクを飲みます。飲む時間は特に意識しなくても大丈夫です。
いつも食べていたのに食べられないのは空腹感との闘いにもなり初日は特につらいことが多い様子ですので、どうしても空腹に耐えられない場合には、100%のフレッシュジュースや野菜ジュースを飲んで空腹をしのぐといいでしょう。
一日目の終盤から2日目には急激な血糖値の下落で頭痛を伴います。
頭痛は、2日目の夕方ぐらいには収まりますので、頭痛が起きてもびっくりせず、好転反応が起きたと思い励みにすることが成功のポイントです。

【二日目】

二日目も初日と同様に朝昼晩と酵素ドリンクを飲みます。
味に変化を付けたい場合には、ドリンクの場合には、水割りやソーダ割り、ヨーグルトにかける、豆乳で割る、野菜ジュースで割るなどの方法があります。
ゼロカロリーコーラで割るという飲み方ありました。
バリエーションを付けて飽きの来ない形でファスティングを続けられるように努力してみましょう。
何も食べない断食の場合には、この二日目の空腹感がつらく耐えられないという意見もありますが、酵素によるファスティングの場合には、栄養を補給しながらの断食になりますので、初日よりも少し楽だと感じる人も多いようです。
二日間のファスティングの場合はこれで終わりです。
三日間ファスティングをされる場合には、三日目に備えて夜更かしをしないで早く眠るようにしましょう。
睡眠不足もダイエットには大敵になります。

【三日目】

三日目になってくるとお腹がすいた状態になれてくることで、今までほど空腹感を感じない人も多くなってきます。
ここまでくれば、あともう一息です。朝昼晩と酵素ドリンクを飲みながら、ゆっくり読書をしたりテレビを見たり音楽を聴いたり、無理な運動やスポーツは避けるといいでしょう。
三日間で断食を終える場合には、三日目の朝で終了です。朝にドリンクを飲んだ後には、昼以降にゆっくりと食事を元に戻していきます。
最初の食事は胃がびっくりしないように、おかゆなどを召し上がるといいでしょう。

【ファスティング終了後】

ファスティング後ですので、体重は減っていますが、まだ完全に体質が改善されたわけではないので、ドカ食いは禁物です。
1~3日間の酵素ダイエットが終わると、胃の中は空っぽ状態です。
胃の活動が緩やかになっていますので、胃に負担をかけないためには一気に食事の量を増やすのは様子を見た方がいいでしょう。
断食終了後、翌日は、調整日にして、回復食から始めましょう。
できれば、断食と同じ日数で1~3日間かけてゆっくりと通常食に戻していきましょう。朝は、具の入っていないお味噌汁や食べるヨーグルト、牛乳などを軽く取りましょう。
固形物よりも液体物の方がいいかもしれません。
お昼や夜は「おかゆ」や「煮込んだうどん」などの消化の良い食事をとりましょう。
食べるときにはよく噛んで消化を良くして胃腸に負担をかけないようにするとなおいいでしょう。
昼・夜はがっつり油物などを食べすぎないように注意しましょう。
だんだんと通常食に戻していく感じで食べ物を選んでください。
消化の良いものを少しずつ食べることで胃がゆっくりと通常通りの活動に戻ります。断食期間と同じ日数が経過したら、通常食にもどしてOKです。
これで、酵素ファスティングは終了します。

酵素ファスティングを行う場合には体調の良い時を

酵素ファスティングを行うのであれば、体調の良い時を見計らって行いましょう。
風邪をひいているときや、どことなく辛いというときには断食を行うのはあまりよくありません。
数日間の酵素ファスティングを行うときには、自分の体調をしっかり万全にしておきましょう。
また、初めてチャレンジする場合には、体調管理がしやすいように休みの日や週末を利用しましょう。
3日間のファスティングがつらいという場合には、1~2日間でスタートしても構いません。
最初の数日は辛いかもしれませんが、だんだん食べないことに慣れてきて、空腹感にもそれほど苦しまなくても済むようになります。
このときにはしっかり水分はとるようにしましょう。
ファスティングの最中は食事から水分を取り込むことができませんので、積極的に一日1.5~2Lの水を飲むように心がけましょう。
また、暴食を避けてください。
ファスティングの空腹が我慢できずに多く食べてしまうと、体もびっくりしてしまいますし、ファスティングも意味をなさなくなってしまいます。
金曜日に飲みすぎ食べ過ぎで、「明日は一日ゆっくりするか。」というときなどはファスティングのチャンスでもあるので、胃腸を休ませるためにもプチ断食をしてみるのもいいでしょう。
断食をしていると体の余計な老廃物が外に押し出されて、真っ黒な便がでることや、排出量が増えることがありますが、正常な体の反応ですので心配はいりません。
しかし、体調が悪くなったという場合には、一度中断して、やり方が間違っていないかを確認してみましょう。
酵素ドリンクを使ったのであれば、メーカーに問い合わせて確認してみるのもいいですし、症状がひどい時にはお医者様に見てもらってください。
適切な方法でファスティングを行いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です