酵素とダイエットの関係について その4

酵素を取り入れて効果的にダイエットを行っていくにはどんなことに気を付けるといいのでしょうか。
効果的な酵素の取り入れ方を検証していきました。

酵素ダイエット中にはたんぱく質は減らさない

酵素ダイエットを行っていると、野菜や果物を摂取する機会は増えますが、特に女性の方などは野菜や果物ばかりを食べるようになって、お肉やお魚などのたんぱく質を取らなくなるという傾向もみられます。
しかし、たんぱく質が不足するとエネルギーを燃やす筋肉が減ってしまうことになりますので、リバウンドしやすい体になってしまいます。
酵素ダイエットを行っている場合でも、たんぱく質はきちんととるようにしましょう。
お肉が苦手であれば、お豆腐や納豆などの植物性のたんぱく質でもいいでしょう。
鳥の胸肉などは高蛋白質で低脂肪低糖質なヘルシーな食材です。
価格もそれほど高くありませんので、サラダには鶏むね肉をトッピングするなどの工夫をするのもいいかもしれません。
たんぱく質も太ると誤解されている方も多いのですが、たんぱく質が太るというよりは、たんぱく質の多い食材は脂質を多く含むものも多いので、そのように考えられています。
鳥のささ身や鳥の胸肉、牛ヒレ肉などの脂質の少ないたんぱく質は消化にも良く酵素ダイエット中にもピッタリの食材です。
成人女性の一日の目安量は50gとなっていますので、不足している場合には、脂身の少ないたんぱく質食材を多く取り入れるといいでしょう。

 

ちなみにたんぱく質含有量は100gあたり鶏肉(ささみ23g、胸肉22.3g)牛肉(ミノ24.5gヒレ20.5g)魚類(アジ20.7g、鯛21.7g、ヒラメ21.2g)となっています。
そのほか、イカやエビなども低脂質で高蛋白質な食材です。

酵素ダイエットの失敗例

酵素ダイエットで失敗してしまったというのにはどんな場合があるのでしょうか。

  • リバウンドした

酵素サプリなどでダイエットを行っていても、暴飲暴食が続くことや、摂取カロリーが消費カロリーを上回る日が続くとリバウンドを起こすことがあります。
ファスティングを行っていても長期間にわたってファスティングを行ったことで、体が飢餓状態になり、食欲を抑えきれずにたくさん食べてしまい体重が元に戻ること、それ以上に増えてしまったということにつながります。
酵素を取り入れているからと食べすぎることは肥満につながりますので、注意が必要です。

  • 途中であきらめてしまった

3日間のファスティングを行った場合でも、食欲に負けてしまったという意見もありました。
酵素を使ってのファスティングは効果も実感できる様子ですが、食べる量を元に戻すと体重が戻るということもありますので、食べるものや食べる量には気を付けた方が良いです。
食べる量を長期的にコントロールできるようになると痩せてくる場合も多いです。
継続は力なりですので、無理のない範囲で始めてみるのもいいでしょう。

酵素ダイエットで推奨されているのでは、ファスティングであれば48時間のファスティングになります。
48時間以上のファスティングもお腹がすかない場合にはいいかもしれませんが、あまりに無理がかかる場合にはドカ食いしないようにあまり長期間にわたってファスティングを行わない方がいい場合もあります。
私は酵素サプリを使うときには前日に食べすぎてしまったなど少し胃を休めたいときなどに利用しています。
酵素サプリのみであれば、胃腸に負担をかけずに休めつつ、栄養はとれることになりますので、体にもいいでしょう。

酵素は体重を落とすものではない

酵素は取り入れることで体内環境を良くしてくれる効果が期待できるものですが、飲んだら痩せるというものではなりません。
ですので、酵素を取っているからといつも以上に食べてしまうと太る可能性もあります。
酵素は取り入れることで消化を助ける効果はありますが、摂取したカロリーをなかったことにする効果はありませんので、注意が必要です。
たくさん食べればその分体重は増えていきます。
酵素を取っているのに太ってきたという場合には、一度自分の食生活などを見直してみるといいでしょう。
果物にも糖分が含まれており、カロリーがありますので、食べすぎると太る原因になります。
フルーツに含まれる食物酵素は胃で消化されて活性を失ってしまいますが、食物酵素には食事の栄養を強化したり、新たな栄養を作ったりという働きがあります。
その働きによって、栄養不足で太っているという場合には、奇麗に痩せていくという場合もあります。
体が不完全燃焼になっているのを正常に直してくれる効果が期待できます。

酵素をしっかりとることで太ることも

酵素は体の栄養分の吸収を高めてくれますので、体に栄養がいきわたるようになることで一時的に太ることもあります。
しかし、これは体の機能が正常化されたため結果になりますので、そうなった場合には、食べている炭水化物の量を減らしてみることや、お菓子の量を調節してみるなど食生活を見直してみましょう。
体が正常に養分を吸収するようになったということはリバウンドしにくい体づくりをするのには大変プラスです。
不摂生な食生活や生活習慣を見直して睡眠をしっかりとることや、また、運動不足になっている場合も体重は増える傾向にありますので、少しでも体を動かすように努めてみましょう。
睡眠不足に陥っていると、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが乱れてしまいます。
レプチンは脂肪細胞が分泌する食欲を抑えてくれるホルモンです。
グレリンは胃で作られるホルモンで、食欲を増進する効果があります。
睡眠時間が短いと、満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えることになりますので、注意が必要です。
いくら酵素ダイエットを行っても、睡眠不足で食べすぎている傾向にあると太ってきます。
またグレリンが多いと、高脂肪食や高カロリーの食事を好むことになりますので、睡眠不足になるとケーキやラーメンなどのこってりしたものが欲しくなり、肥満へとつながることになります。
酵素には消化酵素や代謝酵素がありますが、生活環境によっては、その酵素が上手く働いていない場合もありますので注意が必要です。

酵素が多い食事の取り入れ方

酵素が豊富な野菜には、大根、山芋、玉ねぎ、長ネギ、にんにく、しょうがなどあります。
しかし、酵素をうまく取り入れるためには、50℃以下で調理する必要があります。
そこでお勧めしたい食べ方は、大根の場合には、焼き魚やハンバーグに大根おろしをトッピングすることや、おそばに大根おろしを添えておろしそばにするなどの方法です。
ショウガなども酢につけて甘酢漬けにすると血管にも良い効果があります。
焼き魚や刺身などにはしょうがやにんにくのすりおろし、刻みネギなどを添えるといいでしょう。
大根おろしは脂っこくなりがちな食事などでも、さっぱりと仕上げることができ、食後に少量食べると胃もたれの防止にもなります。
しょうがやにんにく、ネギ類にはたんぱく質分解酵素を含みますので、魚の消化を助ける役割があります。
このように酵素を利用した食べ方で消化吸収をやわらげることができ、胃腸への負担が軽くなるでしょう。
普通に食事をする場合には、大根や薬味を添えるひと手間を加えてみてください。

落とし穴 酵素ドリンクはカロリーがある

酵素ドリンクをダイエットに使う場合に気をつけなければならないことが、酵素ドリンクはカロリーが0ではないということです。

つまり「ダイエット飲料」と勘違いして飲むと太る可能性があります。

 

酵素ドリンクにも種類はかなり豊富で、酵素ドリンクを飲みやすくするために、甘味料やシロップなどが入ったものを飲んでいると太る可能性があるかもしれません。

 

 

酵素とダイエットの関係について その2

酵素を使ってダイエットを成功させるにはどのような方法があるのでしょうか。

酵素をうまく取り入れたダイエット方法についてご紹介していきましょう。

自分に合った方法を選んで効率的に痩せていけるといいでしょう。

酵素ファスティングダイエット

酵素を使ってファスティングを行うダイエットです。
酵素のサプリメントなどを飲んでその日は断食するという方法です。
断食は一時的には体重は減りますが、長期間続けるものではないので、できるのであれば、食べすぎた日の次の日などに体重を元に戻したいときなどに行うといいでしょう。
短期間でやせることができますので、短期間集中で行うことがいいでしょう。
平日にスタートするのもいいのですが、慣れていない場合には空腹感がつらいかもしれませんので、心配な場合には、体調管理がしやすい週末や連休中などのまとまった休みを利用してください。
断食を行う場合には水分補給をしっかりと行いましょう。一日1~2Lの水を飲むように心がけてください。
ファスティングは胃腸を休めることができる方法ですので、無理のない範囲で行っていきましょう。
必要な酵素や栄養素は酵素サプリメントや酵素ドリンクから取り入れることができます。
ファスティングを行っている間は急激な運動などは避けましょう。
一日おとなしくいられるような時に行った方が、体への負担は少ないです。

【ファスティング前日】

前の日にたくさん食べてしまうと、お腹に食べ物が残っている状態になると空腹感が強くなる可能性がありますので、食べすぎには注意した方がいいでしょう。
お酒も控えることをお勧めします。
胃に何もない状態が続きますので、できればタバコなども吸わないようにして、胃への負担を減らしましょう。
万全の体調で始めるために、睡眠などはたっぷりととっておきましょう。

【一日目】

ファスティング生活をスタートさせるのには朝が理想です。
朝起きて酵素ドリンクを飲んだり、酵素サプリメントを飲んだりしてください。
飲む時間に決まりはないので、自分のペースで飲みましょう。
あまり、朝早く飲みすぎると、お昼までにお腹がすいてしまいますので、お腹がすきすぎるのを心配な場合には、昼食の3~5時間前くらいに飲むと空腹感にも耐えられるでしょう。
ドリンクの場合には、そのまま飲むのもいいですが、初めての場合には水や炭酸で飲んだ方がいいでしょう。
満足感も得られますし、炭酸と一緒に飲むとお腹も膨れます。
昼・夜も同じように酵素ドリンクを飲みます。飲む時間は特に意識しなくても大丈夫です。
いつも食べていたのに食べられないのは空腹感との闘いにもなり初日は特につらいことが多い様子ですので、どうしても空腹に耐えられない場合には、100%のフレッシュジュースや野菜ジュースを飲んで空腹をしのぐといいでしょう。
一日目の終盤から2日目には急激な血糖値の下落で頭痛を伴います。
頭痛は、2日目の夕方ぐらいには収まりますので、頭痛が起きてもびっくりせず、好転反応が起きたと思い励みにすることが成功のポイントです。

【二日目】

二日目も初日と同様に朝昼晩と酵素ドリンクを飲みます。
味に変化を付けたい場合には、ドリンクの場合には、水割りやソーダ割り、ヨーグルトにかける、豆乳で割る、野菜ジュースで割るなどの方法があります。
ゼロカロリーコーラで割るという飲み方ありました。
バリエーションを付けて飽きの来ない形でファスティングを続けられるように努力してみましょう。
何も食べない断食の場合には、この二日目の空腹感がつらく耐えられないという意見もありますが、酵素によるファスティングの場合には、栄養を補給しながらの断食になりますので、初日よりも少し楽だと感じる人も多いようです。
二日間のファスティングの場合はこれで終わりです。
三日間ファスティングをされる場合には、三日目に備えて夜更かしをしないで早く眠るようにしましょう。
睡眠不足もダイエットには大敵になります。

【三日目】

三日目になってくるとお腹がすいた状態になれてくることで、今までほど空腹感を感じない人も多くなってきます。
ここまでくれば、あともう一息です。朝昼晩と酵素ドリンクを飲みながら、ゆっくり読書をしたりテレビを見たり音楽を聴いたり、無理な運動やスポーツは避けるといいでしょう。
三日間で断食を終える場合には、三日目の朝で終了です。朝にドリンクを飲んだ後には、昼以降にゆっくりと食事を元に戻していきます。
最初の食事は胃がびっくりしないように、おかゆなどを召し上がるといいでしょう。

【ファスティング終了後】

ファスティング後ですので、体重は減っていますが、まだ完全に体質が改善されたわけではないので、ドカ食いは禁物です。
1~3日間の酵素ダイエットが終わると、胃の中は空っぽ状態です。
胃の活動が緩やかになっていますので、胃に負担をかけないためには一気に食事の量を増やすのは様子を見た方がいいでしょう。
断食終了後、翌日は、調整日にして、回復食から始めましょう。
できれば、断食と同じ日数で1~3日間かけてゆっくりと通常食に戻していきましょう。朝は、具の入っていないお味噌汁や食べるヨーグルト、牛乳などを軽く取りましょう。
固形物よりも液体物の方がいいかもしれません。
お昼や夜は「おかゆ」や「煮込んだうどん」などの消化の良い食事をとりましょう。
食べるときにはよく噛んで消化を良くして胃腸に負担をかけないようにするとなおいいでしょう。
昼・夜はがっつり油物などを食べすぎないように注意しましょう。
だんだんと通常食に戻していく感じで食べ物を選んでください。
消化の良いものを少しずつ食べることで胃がゆっくりと通常通りの活動に戻ります。断食期間と同じ日数が経過したら、通常食にもどしてOKです。
これで、酵素ファスティングは終了します。

酵素ファスティングを行う場合には体調の良い時を

酵素ファスティングを行うのであれば、体調の良い時を見計らって行いましょう。
風邪をひいているときや、どことなく辛いというときには断食を行うのはあまりよくありません。
数日間の酵素ファスティングを行うときには、自分の体調をしっかり万全にしておきましょう。
また、初めてチャレンジする場合には、体調管理がしやすいように休みの日や週末を利用しましょう。
3日間のファスティングがつらいという場合には、1~2日間でスタートしても構いません。
最初の数日は辛いかもしれませんが、だんだん食べないことに慣れてきて、空腹感にもそれほど苦しまなくても済むようになります。
このときにはしっかり水分はとるようにしましょう。
ファスティングの最中は食事から水分を取り込むことができませんので、積極的に一日1.5~2Lの水を飲むように心がけましょう。
また、暴食を避けてください。
ファスティングの空腹が我慢できずに多く食べてしまうと、体もびっくりしてしまいますし、ファスティングも意味をなさなくなってしまいます。
金曜日に飲みすぎ食べ過ぎで、「明日は一日ゆっくりするか。」というときなどはファスティングのチャンスでもあるので、胃腸を休ませるためにもプチ断食をしてみるのもいいでしょう。
断食をしていると体の余計な老廃物が外に押し出されて、真っ黒な便がでることや、排出量が増えることがありますが、正常な体の反応ですので心配はいりません。
しかし、体調が悪くなったという場合には、一度中断して、やり方が間違っていないかを確認してみましょう。
酵素ドリンクを使ったのであれば、メーカーに問い合わせて確認してみるのもいいですし、症状がひどい時にはお医者様に見てもらってください。
適切な方法でファスティングを行いましょう。

 

酵素とダイエットの関係について

体の中に酵素が不足すると体の栄養素が上手く燃えずに、体に余計な老廃物や脂肪、糖質などが溜まりやすくなるのはご存知でしょうか。

酵素は体内に存在していますが、加齢やストレス、不規則な食生活によって不足してきます。

その酵素を補うことによって、より効率的にダイエットが可能になります。

酵素を取り入れて、日々の生活をすっきりと健康的に過ごすのはいかがでしょうか。

酵素とは?

体の中には酵素が存在しており、脂肪を燃やしたり糖質をエネルギーに変えたりと体の機能を正常にするのに必要なものです。野菜や果物には酵素が多く含まれていますが、体に取り込まれる食物の酵素は消化されます。
体内の酵素を増やしたり、活性化させるためには栄養バランスの良い食生活が必要になります。
加齢やストレスの多い生活、添加物の多い食事などを続けていると体内の酵素は減っていきます。

体内の酵素が減ってくると、消化のための消化酵素も減り、太りやすい体質になります。
酵素を効率よく取り入れるには、サプリメントを取ることもいいですし、酵素の多く含まれる野菜や果物を中心とした食生活に見直すこともいいでしょう。

酵素を取り入れるには?

酵素を取り入れるには、野菜や果物をたくさん食べるといいのですが、体に十分な量の酵素を取り込むためには多くの量の野菜や果物が必要なるので、そのままの摂取では難しい場合もあります。
そんな中でお勧めしたいのは酵素サプリメントです。
数多くの種類の酵素が含まれており、数々の栄養素が凝縮されていますので、効率よく酵素を体内に取り込むことができます。酵素サプリメントを併用することで、体をすっきりと保つことや食べすぎたときにはファスティングを行うことも可能です。

食べすぎた場合には、消化するのに酵素も多く必要になるため、サプリメントで補うこともいいでしょう。

私は、こうじ酵素というサプリメントを飲んでいます。

こうじ酵素のサプリメントを購入する際、こちらのサイトを見て、購入を決めました。

こうじ酵素の悪い口コミ、ダイエット効果、危険な副作用と楽天や市販の販売店、解約の情報まとめ!

体験談が書かれていたり、最安値が書かれていたりで、わかりやすかったです。

酵素は足りなくなるとどうなるの?

暴飲暴食などを繰り返し、体の消化酵素を多く消費してしまう行動を取っていると、体内の酵素が足りなくなり、取り入れた栄養をうまく消化できずにエネルギーに変えられないという事態になります。
糖質や脂質などが体にため込みやすくなり、体にも老廃物が溜まって太ることもあるでしょう。
酵素をしっかりとるようになると、エネルギーの代謝が良くなって、便通が良くなるという効果も期待できます。食べ物から取り込まれる栄養を効率的にエネルギーに変える力を酵素は持っていますので、普段の活動でもエネルギーが消費され、いらないものは体の外へ排出されます。
よく食べているのに、エネルギー切れになるという場合には、酵素が足りていないのかもしれません。
酵素を取り入れることで効率よくエネルギーを燃やし、やせ体質へと近づいていきます。

酵素ダイエットを行いながら糖質制限も行ってみる。

酵素を使ってダイエットを行うのであれば、自分の食生活などをよく観察してみましょう。
お菓子や菓子パン、揚げ物など栄養バランスの悪い食事をとっているのであれば、一度見直す必要がありそうです。
お菓子や菓子パンを控えめにしたり、揚げ物が多ければ、焼く・蒸す・煮ると調理方法を変えてみるなど改善してみるといいのではないでしょうか。
ダイエットを開始したら、野菜や果物を多くとるように心がけて、素材からも生の酵素が吸収できるように努めてみましょう。
油分の多い食事はその分消化酵素を消費するスピードも速く、消化しきれなかった糖質や脂質が体に溜まっていくことになります。
酵素を使ったダイエットを始めるのであれば、プチ糖質制限を行って、余計な炭水化物をカットするだけでも、体の余計な酵素が使われずに済み、酵素が体の中のエネルギーを消費するために使われるようになりますので、やせやすくなります。

酵素を取り入れつつ、良く動こう

食生活に気を付けて、酵素を取り入れて、燃やしやすい体質になったのであれば、積極的に燃やすべく体を動かすといいでしょう。
いくら食事を制限しても、ついてしまった脂肪を燃やすには体を動かして消費するのが一番です。
いつも座っているなぁと感じる場合には散歩に出かけたりウォーキングを取り入れてみたり、仕事に出かけるのであれば、一駅分歩いてみるなど、できるところから行動を起こすといいでしょう。
酵素をきちんととっていると、食事でとった栄養素がバランスよくエネルギーに変わりますので、不完全燃焼することなく、体を動かすエネルギーに変わっていきます。
歩く時間は30分程度でも構いません。毎日続けるといいでしょう。
効率的にエネルギーを燃やしていると、食べすぎなければ自然とズボンのウエストが緩くなっている場合もあります。ダイエットを行うのであれば、月1~2kg程度の減量であれば無理はありません。
毎日歩く歩数は8000歩くらいだと体にも良いです。

糖質制限で偏りがちな栄養素を酵素サプリやドリンクで補給。

糖質制限ダイエットなどを行っていると食べる量が減りますので、便秘になることもあります。栄養バランスの面でも、酵素を取り入れることでバランスが整います。
酵素は生の野菜や果物をじっくり発酵させて得られるエキスですので体にもとても良いです。
不規則な生活や乱れた食生活で不足しがちな栄養素をバランスよく取り入れることができます。
酵素を取り入れるために、サプリメントとともに、食卓に野菜や果物を多く取り入れるようになると、野菜は量を食べてもあまりカロリーはありませんし、全体の摂取カロリーで考えると、ダイエット前よりも、少ない摂取カロリーで満足できるようになるでしょう。

酵素を取り入れるだけでは痩せない?!

酵素を体内に取り入れることで体の機能を正常にする効果が期待できますが、暴飲暴食を続けていたり、運動不足や睡眠不足のままだったりすると、効率的に痩せることは難しいです。
その場合には、自分の生活スタイルを見直して夜更かしをしないように気を付けることや、間食を控えることなど工夫をしてみましょう。
ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスになりますので、栄養バランスには気を付けつつ、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていないか、レコーディングを行ってみるのもいいでしょう。
全然食べていないのに太るという場合には、どこかで食べたたり、太る時間帯に食べているということなどもあります。

生野菜を摂取して酵素を取り入れよう

酵素を取り入れるのであれば、生野菜や果物を積極的に摂取するのも効果的です。
食事の際にはサラダをプラスして酵素を取り入れるように努力するといいでしょう。
生野菜から補充される酵素によって体に取り込まれた炭水化物や脂質、たんぱく質がエネルギーに変わりやすくなります。
酵素は火を通すと効果がなくなってしまうので、野菜や果物はできるだけ生でとることが効果的です。
ダイエット中には野菜を多く食べることが多いですが、ビタミンやミネラルを補給するほかに、酵素も取り入れられるメリットがあります。
カロリーが少ないのもメリットです。
野菜には食物繊維が含まれているものも多いですので、酵素効果もあり、体の老廃物を外に出すデトックス効果も期待できます。
体がため込まない体質へと変化していきます。
生野菜を食べるときには、マヨネーズなどの油分や味の濃いものよりは、塩などのシンプルな味付けなどでいただくと、素材の味をそのまま楽しみつつ、ローカロリーでいただくことができます。
酵素を取り入れつつ、自分の味覚や行動パターンを少しずつ変えていくことで、ダイエットを成功させることは可能です。